×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

#37「クーデター計画」
COUP D'ETAT
アトランティス ジェナイアジト
採点(5段階)★★★
(アトランティスのストーリーは5部構成にて更新していきます。)
前半部分 詳細ストーリー概要
後半のストーリー概要
今回のポイント
今回の重要点
小エピソード
登場人物
前半部分 ストーリー

ジェナイとこれまで数々のストーリー展開を繰り返してきた。
そんな中、今回ローン少佐たち探検隊が、突然襲われた。唯一アトランティスに帰り着いたリンゼイはシェパードたちを引き連れて戻ってきた。リンゼイは助けに戻らなかったのは、ゲイトから動くなといわれて、そのままゲイトに残っていた。シェパードもそれでいいんだと認める。
一同が目にしたものは、火事で燃えた建物跡だった。シェパードたちは、リンゼイとマッケイを残し鎮火された建物に向かう。
建物内に入った一行は、焼死体を見つける認識票を見るとそれはローン少佐のものだった。
アトランティスに戻ったシェパードたちは、死体を運んできた。ウィアーより何があったのか質問されると、ローンたちはリンゼイ博士の護衛として、週一で177に通っていた。その中で、住民に収穫率の上がる農業と漁業を指導していた。突然の襲撃を受けるまでは、上手く行っていた。何の前触れもなく襲撃を受けてしまったのだ。
襲ってきたのは誰かもわからず、リンゼイはショックで話も出来ない状態だ。ベケットが鎮静剤を打ったから落ち着いたところで話をしようとしていた。

そこに予定外のワームホール接続が・・・相手は不明で、微弱な信号が送られてきている。音声と映像を出すとそこには、
ラドンラディン。送信は届いているか?と問いかける。ジェナイ人にはアトランティスが消滅していたと思わせているため、返事は出来ない。しかしチームがスターゲイトからアトランティスに戻るのを部下が何度か見ている。アトランティスが消滅したという噂は、・・・(音声不信で聞こえません)だと言うことに気づいた。応答すれば秘密は守ってやるという。
ウィアーはチャンネルを開くよう命じる。ウィアーの返答が聞こえて、ラドンは、
一時は噂を信じて悲しんだもんだ。そして望みは取引をしたいという。
コリアの強襲部隊の一員としてアトランティスを乗っ取ろうとした張本人だ。
そんなあなたと取引が出来るわけがないとウィアーが言うが、今はジェナイから亡命しているというと、その後見せたのはなんとZPM。ジェナイとは一時的な休戦をしているそれを壊したくないとウィアーが言うが、ジェナイは欲しいもの(C4)は手にした。もうあんたらに用はない。これも俺には無意味だ、だがあんたらの生存には欠かせない、大事なものだろう?サシで話し合いたいシールドを下げてくれないか?
ウィアーはそれを興味ないわと拒むが、今回は前回のよりも重いぜ?アドレスを送る、こっちは一人丸腰だ、2時間待つ。時間内に接触がなければ、永遠に消えると・・通信を切る。

さっそく会議が行われる。ZPMはZPMだというマッケイ。1つだけあるならいいだろうというシェパードたちだが、2つあればいい、さらに三つあればもっといい。レイスが気づくのは時間の問題だとしパワーが多ければ、対抗手段も増えてくる。いざとなれば都市毎宇宙へでも飛び立てる。でもパワーがいる。
飛ぶ飛ばないは別にしてZPMは必要ですとウィアー。シェパードは2度も殺されかけて今回は、無用心じゃないか?と言うが、今度の取引は一人で状況も違う。
まってくれ、その前にローンと彼のチームに何があったのか調べるのが先だ。とシェパード。そちらはテイラとロノンに任せて、この件が終わったら合流すればいい。
マルプで生命反応を探れとシェパードはマッケイに命じる。罠には二度とかかりたくない。
マルプを送ると確かにラドンが一人で招くようによってきて、手を頭の上におき跪く。生命探知機も一人だけだそれを確認し、兵を向かわせる。

リンゼイは、村人達は穏やかで、平和的です彼らが人を傷つけるなんて考えられないという。テイラはア何があったか話してと言うと、リンゼイは、ある村人の家にお茶にまぬかれた、習慣なんです。これまでにもしょっちゅうありました。そこで
ディーラっていう女性に折り入って話しがあるといわれて下に下りた。ロノンは2人で?というと、みんな農民か猟師です何ヶ月も付き合ってきて信用してますと言うが、それが間違っていたとロノン。
テイラは続けさせる。下へ降りると同時に凄い音がしました。レイスのビームに似てて・・・確かじゃありませんが、多分そんな音でした。無線ですぐにゲイトまで走れ、そして応援を呼べと。後はご存知でしょう?
そのディーラだが、止めようとしなかった?えぇ・・・攻撃に驚いた様子は?覚えてません。ローン少佐たちに対して怒りや憎悪を募らせていた様子はなかった?
全然・・・

ラドンは兵に連れられてアトランティスにやってきた。武器は持ってません。シェパードはZPMについて尋ねるが、ほかの星に隠したという。取引は?というが、ウィアーとしか話さないという。
使いッ走りの坊やには用はないだけだとラドンが言うと、シェパードはその坊やも今じゃ中佐に出世したぜ。と言う。
死体を調べるベケットたちだったが、彼らじゃないとウィアーに報告。DNA検査を行ったが、3回も行ったが異なっているという。
犯人はローンたちが死んだと思わせたかった。
村に戻って村人に聞いてみるとロノンは言う。ただし定時連絡を絶やさないでとウィアー。その後シェパードから通信が入り、ラドンが到着したことを伝えると、私のオフィスに通してとウィアーが言う。

ラドンは機関銃を百丁に、手榴弾2ダース。C4を出来るだけ多く。それだけあれば私達にも脅威となるとウィアーが言うと、真の脅威はジェナイだ。核兵器は完成しいつでも使用可能な状態だ。カウエンは核を先制攻撃の武器に使う気でいる。
レイスだけじゃなく他の星の人間相手にだ。俺と仲間たちに武器をくれれば、二度とジェナイに悩まされずに住むという。ラドンたちはクーデターを起す気でいるのだ。
そのために力を貸してくれと。


カウエンが議長になって久しい。彼がジェナイを強くしたのは事実だが、今の権力者の彼と昔の彼とでは別人だ。銀河を力で統一するという妄想に取り付かれた。
ジェナイで唯一意見をいえたのはコリアだけ。数ヶ月前姿を消した。
カウエンに殺されたと見ていい。証拠がない。コリアがいなくなった今、新たなリーダーを欲した。それが俺だ。
コリアはクイーンドジムにしばしば目をつけた。そこで彼とあったはずだ。クーデターに必要な物資を手に入れるため、ZPMを探した。
ジェナイを恐れぬ取引相手は、数少ない、カウエンのスパイが銀河中にいる。君たちなら条件次第で喜んで、乗ると思った。
カウエンが、核を使って奴隷化を進めれば、ジェナイはレイス以下に落ちる。
ZPMはそっちに譲る。その代わりに俺たちに力を貸してくれ。

村に向かったテイラたちは、バーでディーラについて尋ねるが知らないの一点張り、こんな小さな村で知らないはずがないと、しかしバーの店長は、余計なことに首を突っ込みたくないと話を拒む。そこにロノンが、強硬手段にでる。。こいつは知っている、それにこの店のみんなもだ。誰をかばっているんだ?というが、さっさと引き上げた方がいいと店長から言われる。するとこっそり見張られているんだ、しゃべるとミンナ殺される。誰に・・・とロノンが言うが、ほっといてくれと言われる。

シェパードはラドンのいた星に特殊部隊出身者を残した。ウィアーは、ラドンにもう少し返事を延ばす方法にでる。

ロノンたちが帰ろうとしたところ、村人から引き止められる。忘れ物です。と言うと、ロノンは俺のじゃないというがテイラはそうだったと何かに気づきそれを受け取る。

シェパードとマッケイは、ジェナイのアジトへ向かう。カウエンに面会したシェパードたち。野望も達成も先延ばしせざる得なくなったというカウエン。
タレこみに付いて話すと、私が人民を殺して食糧にしているというデマも流されているという。さらにコリアの失踪も自分のせいだとしている、私と奴とはソリが会わない。嫌っていたのは事実だ。しかし奴の失踪には何のかかわりもない。ラドンの話は全てウソだというと、シェパードは彼は反乱をたくらんでいるというと、やらせておけばいいという。仲間はせいぜい数十人、武器と呼べるほどの武器もない、それよりも町の水道整備の方がはるかに気になる。しかし、通告には感謝する。
友情あふれる行動と評価させてもらう。カウエンは信頼の証としてレイスからの攻撃からアトランティスは沈んでいないことを知っていたがもらしていなかったのだった握手をし、部下にゲイトとまで送ってもらう。

隊員がラドンを連れてM6R867にいった。爆撃機で廃墟になった町の倉庫をアジトにしている。レイスに破壊しつくされて、住民はゼロ。でもステルスモードのジャンパーで上を飛んだら生命反応が20体あった。惑星全体でも20だ。カウエンの、情報は正しかった。彼らが高度に訓練されていたと知ったら?その可能性はまずないねとマッケイ。我々の敵ではない。奇襲攻撃をシェパードが考える。ウィアーは必ず手に入れてと。

テイラが受け取ったバッグにはアトランティスの探査チームの写真が次々と出てきた。その中にはローン少佐の写真も・・・それには複数の言語でカキコミがしてある。生け捕りにしたものに高額賞金。この分じゃほかの星にも出回っているぞと話す。
その中にはマッケイ、シェパードの写真も・・・
今回の後半ストーリー概要

アトランティスにワームホール接続、現れたのはラドンの取引のためにやってきた少数部隊。ダリアラディン。ラドンの妹だ。物資はどこです?というのだが、ZPMは私達が無事に戻ったらZPMは兄が届けるというのだ。するとそういうと思ったと銃を構え、拘束するとウィアーが言う。そしてシェパードたち突入部隊がアジトへと突入する。シェパードは極力スタナーを使え、万が一反撃を受けたら判断は任せると。
閃光弾を中にいれ、その後、中へと突入。マッケイの装置で目標はこの奥だとさらに進む。
その頃、テイラとロノンはアトランティスに戻ってきた。ウィアーにお見せしたいものがあるとテイラ。手配写真で、複数の言語で、捕まえれば賞金を出すと書いている。
でもローンのチームが消えたのは貧しい星で、賞金に引かれ彼らが、襲ったことは充分に考えられるという。しかし何故シェパードたちの写真があってテイラとロノンがないのだ?俺らが脅威と知られていないならば思い知らせてやりたいと・・・
共通項は遺伝子だとウィアは気づいた。彼らは全員エンシェントの遺伝子を抱えている。それはアトランティスの機能を低下させるのが目的かも?

エジソンのリストはほぼリストにあるけど、トリアルはいない。彼だけはエンシェントの遺伝子がない。ロノンはそれでも納得できない。その目的を知った今、戻した方がいいのでは?というのだが、肝心の隊員達は、シェパードと共に行動をしていた。
そこにベケットから連絡が入る。医務室にすぐに着て欲しいということだ。
焼死体の件だ。

シェパードたちは奥へと進むのだが、中に入ると待っていたのはラドンただ一人、君らのものだZPM。恐らく千年前から中身は空っぽだといきなりドアが閉まり、兵は次々と倒れてしまう。催眠ガスで全員眠ってしまった。

ベケットは、背後の黒幕の正体がわかったという、死体は火事の前に死んでいた。内臓の出血と骨髄の破壊。彼らは大量の放射能を浴びていたということだ。僕らの知る限りこれだけの放射能を被爆する可能性のある民族は一つ。ジェナイだ。
ジェナイが関わっているとすればすぐに呼び戻さないと・・・

ラドンに起されたシェパード。ラドンはあらかじめ解毒剤を打っておいたのだった。他の連中も1時間もすれば気が付くよひどい頭痛が残るが・・・
ひどいなんてもんじゃないななさけなくてなけるよ。
ZPMはたまたま博物館で見つけた。数百年前に先祖が見つけてそのまましまいこまれたらしい。どれだけ価値のあるものかどうか検討も付かなかったんだろう。
おまえのアイデアか?とシェパード。しかし反乱など嘘っぱちだと出てきたのは、なんと、カウエン。実はラドンは、カウエンと組んでいたのだ。

アトランティスにも予定外のワームホール接続が・・・拘束のシェパードと話をさせるために、無線を使うカウエン。ウィアー博士、こちらはジェナイのカウエン議長だ。
シェパードは私のすぐ前にいる、ここを占拠するための部隊も一緒だ宣戦布告と取れる、行動だ。帰国への反乱を未然に防ぐためにやったとウィアーが言う。
仲間と見返りをこちらの人質と言うのだが、全員不治の病にかかっている。
全員志願していったというのだ。はなから戻ってくる意志はない。
実はジャンパーを手に入れるためにカウエンは策を練ったのだ。
1時間以内に全部運んで来いと・・・
要求が満たされぬ場合は15分おきに一人ずつ人質を殺していくという。
まず一番はシェパード中佐だと・・・

ベケットは、ダリアの治療を試みている。ダリアはジェナイの医者は、全員さじを投げたというのだが、僕らの医学は遥に進んでいる。どうして私を助けようとするの??と言うとそれは僕が医者だからだよと・・・
君こそ何故志願した利用されるだけとわかっているのに・・・もう死んでいると同じだもの。脈を打って生きている、もしそれがわかっていても、僕なら我が家にかけ込まれて死にたいねとベケット。その家族にちゃんとした家を持ってもらいたくて志願したというダリア。これは望んでしたことだ。

ジャンパーで核をばら撒くつもりのカウエン。だったらウィアーは取引に応じないというシェパード。それはそれで楽しみにしていた。それだったらマッケイと来たとき捕まえなかった?と言うと、人質は多いほうがいいという。
牢につれられたシェパード。
その途中にジャンパーは飛ばせないぞと言うのだが、ランシャンの遺伝子(ジェナイはエンシェントをランシャンと言ってますね)を独自で開発中だという。
幸いサンプルをいくつか入手できたんでねと。つれられた牢にはローン少佐たちが捕まっていた。

ミラー中尉がステルスモードで操行中、空から偵察したところ、ジェナイはこの15分で大群を、集結中、数では、相手が勝り力で勝負すれば双方多数の死傷者が出るでしょうとテイラ。一人で潜入するというロノンをこれ以上人質を増やす危険性はおかせないという。
ジェナイの人質達はそれぞれ症状に違いはあるが、元を辿れば原因は一つ。
放射能汚染だ。マッケイがあれだけ核実験のシールド不足を話していたが、聞かなかったのだ。治せそうなの?とウィアーが尋ねると、実験的な治療法を試みれば、効果はあると思います。既に末期の患者には、苦痛を和らげるしか、それでも8人は何とか、救えるはずです。
それで人質交換が出来るかやってみると。バックアッププランはないのか?とロノンが言うと、ジャンパーをジェナイに渡すなんて毛頭ない。この交渉にかけるわと。
しかしカウエンは全く応じようとしない。
時間稼ぎを仕様としても無駄だと。人質を一人でも殺したら宣戦布告と見るとウィアーがいうのだが、それも結構、それなりの覚悟があって始めたことだと、次の連絡は
15分後、忘れるな。それまでにマッケイ博士を生かすかどうか考えておけ、気の毒だが、シェパード中佐にはもう会えんぞと通信を切る。
カウエンは殺せとラドンに命じる。ラドンは銃を持って牢へと向かう。
ようやく目を覚ましたマッケイたち。何が起きたかわかってない。そこにラドンがやってきた。時間切れだと・・

以前無線を切っているカウエン。ベケットはシェパードと引き換えにジャンパー1隻を渡しては?と言うのだが、15分後にはマッケイに順番が回ってくる。
ジャンパー全部を渡したらこっちも全滅だそれよりも総攻撃をとロノンは言う。

ウィアーは、ベケットなら送り込んだ病人を助けられるといった本当か?とラドンは銃を向けている。ベケットは両銀河一の名医だ先生がそういうのなら、本当だと。
すると彼らを 逃がすぞとラドンは言い出す。この倉庫の地下には核爆弾が隠されている。科学主任だって言うことを忘れたか?俺が作ったと。
カウエンと親衛隊を一堂に集めるひつようがあったそれには、パドルジャンパーは格好のえさだ。同志の多くは祖国で俺を待っている。
今夜ジェナイの民のリーダーが代わる。俺たちも一緒に蒸発させるつもりだったんだろう?とシェパードが言うと、そのつもりだったとラドン。状況が変わった付いて来いと逃げ道を案内する。

カウエンは、遅いな見て来いというが、クーデターは既に開始された。カウエンの部下はすぐに殺される。隠し通路がある抜けたらゲイトまで走れとラドン。

カウエンに捕虜が逃げたと通信が入り、ラドンに通信を入れるが応じるはずもない。
そのころマッケイたちはアトランティスに戻っていた。クーデターは本当だったことをウィアーは知った。しばらくして、こちらラドン、こんなことになって残念だ。
立派な指導者だったが・・・とラドン。
何をしたんだ?カウエンが言うと、光が、町を襲う。核が爆発を起したのだ。
シェパードはシールドを上げるよう指示、衝撃がアトランティスのゲイトにも伝わった。博士頼む妹に合わせてくれとラドンが手術の様子を見ている。左肺に悪性腫瘍が見つかり早急な摘出の必要があったため手術をしたという。
手術は上手くいったと。
まだまだ安心は出来ないけど治療を続ければ恐らく。・・・
多く患者のジェナイがいる、これ以上犠牲者は出したくないと。

これからが忙しくなるまず母星に戻らないと・・・妹は任せておいてとベケット。
シェパードはクーデターは成功、ラドンが新しいジェナイのリーダーとなったことをウィアーに伝える。カウエンが指導者たちと共に消え、保守派も武器を捨てた。
ジェナイの母星では誰も死んでいない。いわば、無血革命だ。
核爆発でなくなった一個兵隊は数に数えないの?そういうことだろう?
クーデターで新たな国となって成功した例は少ないとウィアーが言うが、今回は妹の件でずいぶん感謝しているぞ。
おれや部下も救ってくれた。だからまぁまぁじゃないのかな?
今夜はこの辺でとシェパードは部屋を出る。
今回のポイント
・ZPMを元に交渉してきたラドン。目的はジェナイへのクーデターだ。
・カウエンの下を去ったコリア。
・ラドンの妹が何故交渉のために来たのか?
・はっきり言って、シェパードが中佐とカウエンが知った時点で気づけと思った。
今回の重要点
・再びカウエンの登場。
・ラドンが持っていたZPMは、結局博物館に保管されていた空のZPMだった(それも早く気づいて欲しい)
・クーデターはデマであり、カウエンのために仕組んだラドンだったが・・・妹の不治の病を救ってくれたベケット。そのため、シェパードたちを救う。
小エピソード(笑えるシーンなど)
・俺は実戦訓練を受けてないんだ、いざ戦うとなってもほとんど役に立たないと思うけど?大丈夫、役に立つって、ジェナイはこれまで、おまえを誘拐してまででも、優秀な頭脳を欲しがってきた。いざやばくなったらおまえを差し出して逃げるさ。
そりゃいい、心配ない、。生きていれさえいれば、チームを送ってやるから。

・ラドンの味と突入の際、スタナーが当たりかけたときに「今の惜しかったよな?」とマッケイ、「見てなかった。」
・やばい状況?と牢の中のマッケイ。あのなこの状況を見れば普通わかるだろう?とシェパード。
登場人物(メイン除く)
ラドン・ラディン/ジェナイの兵士。知っての通り、アトランティス占拠を指揮していた男。ジェナイを亡命しクーデターを起そうとしている。
ダリア・ラディン/ラドンの妹。
エジソン/地球人。エンシェントの遺伝子治療を受けている。
トリアル/地球人。エンシェントの遺伝子治療を受けていない。

戻る